白山

昔の“白山”は「ヤバい」街だった? ドレスを着た芸者がストリップ・ダンスを踊り… 閑静な住宅街の知られざる歴史 三浦 展 2021/05/17 11:10 https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E6%98%94%E3%81%AE-%E7%99%BD%E5%B1%B1-%E3%81%A…

続きを読むread more

ニツポノホン

ウィキペディアに ニツポノホン の項目はない。 『三府及近郊名所名物案内』(大正七年)に、 娯楽王ニツポノホン蓄音機 という項目があったので懐かしい思いがした。子供の頃は蓄音機など置くような家ではなかったし、私が個人的に音楽に親しんだのはトランジスタラジオとテープレコーダー(オープンリール)からで、レコードプレーヤーは買ったこ…

続きを読むread more

ドロップ

子供の頃、たまに 佐久間のドロップ という缶入りの飴を与えられたことがある。 今でもあるのだろうかと検索すると、 サクマ製菓株式会社 と 佐久間製菓株式会社 とが、 缶入りサクマドロップス と サクマ式ドロップス とを 販売している。 両社の起源は、 1908年 佐久間惣治郎が創業 1913年 「缶入りドロップス」…

続きを読むread more

一字違い

河治和香『ニッポンチ! 国芳一門明治浮世絵草紙』(2020年。小学館)は、史実を押さえながらも空想をふくらませ、どこまでが本当かわからないという面白さがあるが、明らかな間違いがあった。 257ページに、 金升は、明治の頃、十七歳で『團團珍聞』の記者になったのを振り出しに、『日刊改新新聞』、『萬朝報』、『中央新聞』、『やまと新聞』、『…

続きを読むread more

死因

田中香涯『古今東西偉人名流の疾病及死因』(大正四年)から、日本人の分だけ死因を挙げる。百年以上前のものなので、現在の医学者の判断とは異なっているかもしれない。 曲亭馬琴  心冠動脈硬化症(富士川游は「肺炎」とする) 徳川家康  食中毒(鯛のプトマイン中毒) 平 清盛  熱病(腸窒扶斯?) 豊臣秀吉  痢病 頼 山陽  肋膜…

続きを読むread more

河治和香

河治和香『ニッポンチ! 国芳一門明治浮世絵草紙』(2020年。小学館)を買った。鶯亭金升と関係ありそうなので。 河治和香という名は全く知らなかった。驚いたのは、第一話の初めに明治大正頃の雑誌記事のコピーが掲載されていて、春塘と金升との対話になっていること。山田春塘とは初めて見る名前だ。作者は、 新聞記者の長井総太郞、筆名鶯亭金升が、…

続きを読むread more

紅谷

横山健堂『鉛筆だより』(大正三年)に、 吾輩は、伝通院の前を通過する毎に、「紅谷」の看板の筆墨淋漓たるを見て、桜癡を想起せずんばあらず。 とある。調べると、「紅谷」は菓子屋らしい。「紅谷志津摩」(日本橋本町四丁目)は知っていたが、「紅谷」は知らなかった。 福原麟太郎『この世に生きること』(随想全集第一巻)に、 お菓子は小石川安藤…

続きを読むread more

鳴物停止

明治以降、 歌舞音曲停止 ということが多いようだが、江戸時代には、 普請鳴物停止 と言った。 関義臣『服仮沿革略考』(大正二年)に、 普請鳴物停止といふことあり、こは江戸時代に始まりしものにて、天皇、上皇、女院または将軍、御台所、公子、公主より三卿三家等の喪ある時は、この令を江戸若くは京都若くは全国に発布して、一般人民をして…

続きを読むread more

雅号

『雅号批判 朝野之人物』(明治四十四年)に挙げられた人物。 板垣無形 伊東晨亭 井上巽軒 服部随軒 徳富蘇峰 徳川静岳 渡辺無辺 若林賁園 河野無得 亀井龍南 田中青山 竹越三叉 立川呑六 南条碩果 大倉鶴彦 山路愛山 幸田露伴 西園寺陶庵 清浦奎堂 湯原易水 釈洪嶽 以下、本名を添える。…

続きを読むread more

待ち

『日本国語大辞典』で「……待ち」を見ると、次のようなものがある。 丑待 御申待(おさるまち) 御日待(おひまち) 蚕日待(かいこびまち) 影待 風日待(かざひまち) 風待 庚待(かのえまち) 蚊屋待(かやまち) 甲子待(きのえねまち) 客待 局待 庚申の代待 庚申待 心待 申待 三夜待 七夜待 十七…

続きを読むread more

明治の海舟伝

勝海舟は明治32年(1899年)75歳で没した。 ウィキペディアには、 関連書籍 参考文献 の項目があるが、第二次世界大戦後に出版されたものばかりだ。 明治時代に出版されたものを掲げる。 勝海舟  民友社編 (民友社, 1899明治32年) 勝海舟翁  静古学人編 (魚住書店, 1899明治32年) 海舟先生精神修養…

続きを読むread more

学習院

渋川玄耳『閑耳目』(明治四十一年)に、 学生として最も上品な言語を使ひ相な学習院の生徒が、どしたんだ? いけねエや‼ など下劣極まつてるには実に驚く、其品性の如何は其言語で察しられるが、遠からず女子大学附近に移転してから。盛に彼(あ)の一流を振回されては近所が堪るまい。 とあるので驚いた。 学習院といえば目白と思っていたが、ウィキ…

続きを読むread more

声曲拾戒

『〔小曲〕松のみどり』五編に、 声曲拾戒 を掲げる。 ▲らしくぶらず是は師匠は師匠らしくして師匠ぶらず弟子は弟子らしくせよと云ふ教訓にて分限を守るの謂なり ▲他流をそしるべからず他流のあしき事は慎みよき事は学ぶべし ▲知らざる節は聞をはじず知りたる事は教るをおしむべからず ▲もの習ふ恩は海よりも深き徳と思ふべし ▲きようの…

続きを読むread more

中止

ウィキペディアによると、 1945年5月7日は、 第二次世界大戦:ドイツ国防軍代表が連合国軍に対する無条件降伏文書に署名。翌8日に批准・発効(1945年) 日本が無条件降伏したのは、その3ヶ月以上後だ。100日近く、何をやっていたのか。 今年に入って、外国のメディアや国内で、 東京五輪中止 の声が高まっている。朝日新聞「天声…

続きを読むread more

戊辰

戊辰というと、 戊辰戦争 を思い起こすが、これは、 1868年だ。慶応四年・明治元年。 戊辰は、当然60年に一度廻ってくる。 昭和には戊辰が二回あった。 1928年 昭和3年。 1988年 昭和63年。 次の戊辰は、 2048年だ。

続きを読むread more

後ろ手

ダイエー地下で、手を後ろに組んでゆっくり歩くおじいさんを見た。 時代劇や昔の挿絵では、後ろ手を組んで歩く老爺の姿を見ることがあったが、実物を見たのは初めてなので驚いた。野山や公園を散歩するならいいが、人混みの中を後ろ手で歩くという神経は理解できない。そもそも私は手を後ろに組もうとは思わない。腰が曲がると手を後ろで組みたくなるのだろうか…

続きを読むread more

難読語句

東京都病院薬剤協会のホームページに「難読語句」がある。 https://www.thpa.or.jp/content/%E9%9B%A3%E8%AA%AD%E8%AA%9E%E5%8F%A5-0 医師・薬剤師は、外国語・カタカナ語・新造語の他に、常用漢字にない古来の漢語まで覚えなければならない。 このリストの中で、 ちくでき …

続きを読むread more

明治の有名人

『現代百家名流奇談』(明治三十六年)は、当時の有名人の逸話を記したもの。 この百人の中で、見覚えのある名前は次の38人。 徳川慶喜 小村寿太郎 中島歌子 勝安房 重野安繹 河野広中 税所敦子 陸奥宗光 柴田是真 西園寺公望 猩々暁斎 星亨 福羽美静 成島柳北 大和田健樹 西郷従道 島地黙雷 坪内雄蔵…

続きを読むread more

年寄

ウィキペディアには、 一代年寄を除く年寄名跡の定数は105家である。 として、下記の名を挙げている。 ウィキペディアには、 1905年(明治38年)には88名 となっているが、明治三十五年刊『日本相撲伝』で既に八十八を数えている。下記◎印をつけたもの。△印は大坂相撲の名跡で昭和二年東西合同時に存在したもの。 ◎浅香山 …

続きを読むread more

江戸の洪水2

松崎尭臣『窓のすさみ』は、享保十三年の江戸洪水について、次のように記している。 享保の十三年戊申秋九月二日、江戸川の水大に溢れて、小石川の山水夥敷流れよこたはり、堀涯まで海のごとくなり、橋ことごとくに落、大名屋敷二階のまどへ流れ入ければ、貴賤殃死も多かりしとぞ、 三田村鳶魚は『享保・天明の洪水』で次のようにまとめている。(全集第…

続きを読むread more

江戸の洪水

『享保十三年江戸満水之説』は、八月二十九日から九月二日にかけての大雨で神田上水があふれたことを記している。 小日向目白下関口水道町古川町改代町の方より大水いづくとも不知急に押来 とあり、今の文京区南部の出水の様子が描かれている。 私が住んでいたことのある「菊坂下」(現在の文京区本郷四丁目西部)について、 小石川辺菊坂の下春日町の…

続きを読むread more

オクトーバーフェスト

新宿オクトーバーフェスト、飲酒禁止に 23日まで開催予定 https://www.traicy.com/posts/20210501208436/ という記事があった。四月五月にオクトーバーフェストとは、狂っているとしか思えない。 オクトーバーフェスト実行委員会は、東京・新宿のスバルビル跡地で開催している「新宿オクトーバーフェ…

続きを読むread more

AI

ヤマト運輸宅急便の集荷依頼、去年はオペレーターが出ていたが、昨日はAIが対応した。こちらの言うことがきちんと認識できているらしい。住所は復唱したが、正確だった。こちらの「そうです」という応答が認識できなかったのか、一度確認を求められただけで、あとはスムースに行った。 オペレーターの仕事もAIに奪われていくようだ。

続きを読むread more

ごいかい

『新板往来尽し』に、 だんなとちらへごいかいですか という言葉がある。これは、 旦那、どちらへ御愉快ですか。 としか考えられない。 『日本国語大辞典』「愉快」には、 楽しく気分をよくすること。喜ばしくて気持がよいこと。また、そのさま。 としかなくてピンと来ないが、 秋永一枝『東京弁辞典』には、 ごゆかい【御愉快】例は、…

続きを読むread more

めり

「めり」について、『日本国語大辞典』は、 ① 目前の情況から判断・推量することを示す。…と見える。…と見うける。見たところ…と思われる。 ② 断定してもよいことを、直叙を避け、推量の形を借りて遠まわしに表現する場合に用いる。…ようだ。 とする。「なり」の反対だ。 現代語で「めり」のつく言葉は、 めりこむ めりはり めりめり…

続きを読むread more

百科事典

二十歳前後の頃、 百科事典 と 文学全集 とは憧れだった。 しかし、金もなければ置く場所もない。 それが半世紀ほどの間に世の中がガラリと変わった。 ウィキペディア や インターネット は、まさに百科事典だ。 古典文学 や 明治大正文学 はほとんどネットで読むことができる。 百科事典 や 文学全集 は買…

続きを読むread more

あなたと共に2

なぜ「あなたと共に」が頭に浮かんだのか、わかった。 AKIHABARA LIVE CAMERA https://www.youtube.com/watch?v=hMagFV0DNZg の画面右上に、 なたと共に!! と広告垂れ幕が下がっているからだ。これは あなたと共に!! 以外、考えられない。 オノデンch のライブ配…

続きを読むread more

無茶

禁酒令は「日本が新型コロナに“打ち負けた”証」だ 感染拡大を「酒のせい」にして責任転嫁図るこの国の為政者たち 2021.4.26(月) 青沼 陽一郎 https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65080 今回の第三緊急事態宣言には違和感があった。それを青沼陽一郎氏が見事に指摘している。青沼氏…

続きを読むread more

『古今要覧稿』巻第七十六地理部「江戸」に、 江戸は江所の義なるべし戸の字地名に尤多し水戸松戸榎戸杉戸登戸河戸などみな所の意多し江戸は地名ならで川に添て物洗ふ所をも川戸といふ其意おなじ風土記に此地大江に臨む故に江戸と称せりといふ尤是なるべし とある。 私は、 水戸 上戸 松戸 戸塚 神戸 に縁があった。

続きを読むread more

支度・仕度

『デジタル大辞泉』には、 し‐たく【支度/仕度】 1 予定されている物事を実行するのに必要なものをそろえること。準備。用意。 2 外出するために身なりを整えること。身じたく。 3 食事をすること。 『日本国語大辞典』には、 し‐たく【支度・仕度】 1 計り数えること。計算すること。見積もりすること。 2 あらかじめ計…

続きを読むread more

あなたと共に

最近、 あなたと共に の歌が頭に浮かぶ。 ウィキペディアに あなたと共に の項目はないが、YouTube にあった。 懐メロ あなたと共に 津村謙 吉岡妙子 anatatotomoni https://www.youtube.com/watch?v=JyutrXC-v4Y 津村謙 の名前は知っているが、 吉岡妙子 とい…

続きを読むread more

広告

人間心理は面白いもので、 見るな と言われると、見たくなる。 これを利用した広告を何というのか知らないが、広告研究書には書いてあるのだろう。 いつ頃から始まったものか。 明治二十七年刊『美人操の刃』は本文七ページ、広告一ページだが、その七ページの末尾に、 皆さん是より向(さき)の広告は必ず読むことはなりません若し読んだ時は罰…

続きを読むread more

高橋赤次郎

書物末尾の著者奥書に編集者・出版者の名が出ることはあるが、印刷者・活版工の名が挙がることはめったにないだろう。 大槻如電の『佩文韻府索引』(明治四十一年)末尾に、 故実叢書の尊卑分脈を見し当時その活字組立技倆に驚き何と云ふ手工なりやと問ひ高橋赤次郎といふことを知る今度この索引を活版に付せんとするに其組み様に註文あれば何人に命ずや高橋…

続きを読むread more

口パク

小学五年か六年の時、 口パク をやったことがある。 担任の先生から各クラス選抜の合唱に参加するようにといわれ、でかけた。 音楽専門の先生はサ行の発音が妙にこすれた感じで気になった。練習の途中で、 音のずれている人がいる。もう一回。 と言って壇から降り、音を探り始めた。私の方へ来るような気がして、私は声を出すのをやめ、口だけを…

続きを読むread more

百万塔

ウィキペディアで 百万塔 を見ると 百万塔陀羅尼 の項が表示され、 百万塔 木製三重小塔。塔身と相輪の2つから構成されており、塔身内部に陀羅尼を納める構造となっている。標準的なものは、総高21.2cm、基底部径10.6cm、塔身のみの高さ13.2cmである。 となっている。 「日本の古本屋」サイトで 百万塔 を見ると…

続きを読むread more

天の声

朝日新聞「天声人語」が、東京五輪中止を提案した。 日本政府・JOC・IOCは、天の声を素直に受け入れるべきだ。

続きを読むread more

二六そば

蕎麦・饂飩の研究書は多々あるだろうに、ウィキペディアに、 二八蕎麦(内二八蕎麦) 読みは「にはちそば」。蕎麦粉8:小麦粉2で打った蕎麦。名称の由来は粉の割合であるという説、または江戸時代後期に値段が16文であったことから九九の二×八からきたという説がある。名称の起源としてどちらが正しいという決め手はない。 とあるのには首をかしげる…

続きを読むread more

山手線

ウィキペディアに、 山手線はもともと、日本鉄道が現在の東北本線および東海道本線を連絡するために品川駅 - 赤羽駅間の山の手に敷設した線路であった。東京市街地の拡大に伴い、市街をめぐる大都市の基幹交通路線に性格を変えていった。電車が運行を開始したのは1909年、現在のように環状運転が実施されるようになったのは1925年のことである。 …

続きを読むread more

チェスト

テレビ朝日ドラマ「桜の塔」で、吉田鋼太郎が チェストー とかけ声をかけたので驚いた。 このドラマは「外様派」「薩摩派」「東大派」の争いということになっている。吉田鋼太郎は薩摩派だ。 私は鹿児島に行ったことはなく、鹿児島(薩摩)弁も知らず、鹿児島人との付き合いもないが、明治の文献で、 チェストー というかけ声のあることは知って…

続きを読むread more

葱太夫

葱太夫(ねぎだゆう・ねぶかだゆう)という言葉があった。 『滑稽新聞』第八十八号(明治三十八年一月十五日)に、 ▲葱太夫(ねぶかだいふ)(大阪) 下手の浄瑠璃語を云ふ、節無しとの意なり、臍の宿替と云へる本にも「己がじやうるり語ると節なしぢやの葱(ねぶか)じやのと人がいふが葱ほど声のよう出るものは無い云々」とあり(三角道人) とある。…

続きを読むread more

知事

オカシナ知事が目立つ。 イソジン知事 団扇知事 フリップに飽きたのか「東京サ来るな」知事 誰も東京に行きたいと思ってねえよ。吉幾三が「東京サ行グだ」と言ったのは35年前だ。 どうせ言うなら、「東京サ来ロナ」とか洒落てみろ。(余計批判されるだろうが) 中央政界も地方自治体もオカシナ政治家ばかり。 このようにして日本は亡んでゆ…

続きを読むread more

食睡排

『紅葉遺文』(明治四十三年)「病牀雑感」に、 病間寝ねざるの夜に遭ひて、懼れざる者希也、鬼に逢ふに似たり、其の憂愁胸に鍾りて堪ふべからざるの情、げに比ふべきなし。 とある。 眠れない、食事が喉を通らない、出るものが出ない、となったら一大事だ。 私は三十年以上前、食事が口に入らないという経験をしたことがある。合宿所初日の夕食。頭で…

続きを読むread more

人違い

小野賢一郎『水の流れと』(大正五年)に、小野が石川啄木と間違えられたり、似ていると言われたりしたという話が載っている。 Google で画像検索すると、なるほど、耳の感じがそっくりだ。耳・目・鼻のあたりも似ている。 私も小学生の時、校庭で後から肩を叩かれたことがある。あれはジャンパーが同じものだったのだろう。

続きを読むread more

大福

大福 と書いてあれば、誰しも ダイフク と読むだろう。 しかし、世の中には、これを オウフク(往復) と読ませたがる人がいるようだ。 『余が可笑味を感じたる実例』(大正三年)は、『萬朝報』懸賞入選笑話集だが、その中の一話。ある荒物屋の店頭に 長子早船、一人前大福金三十銭、八五郎 と書いた美濃紙が貼ってあったという。 …

続きを読むread more

サイノロジー

サイノロジー という言葉があった。 ネットを見ると、 Synology という台湾のIT関連会社があるので驚いた。 『日本国語大辞典』には、 「サイコロジー」をもじって、妻(さい)に対して甘いこと。また、そういう男をいう俗語。サイノロ。 ※奇想凡想(1920)〈宮武外骨〉芥子の雑炊といふ新語「嬶孝行をサイノロジイと云ふに至…

続きを読むread more

違式詿違条例

明治初年、 違式詿違条例 というものがあった。今日の軽犯罪法のようなもの。 国が大綱を示し、細かいことは各府県に任せた。 その大綱を 司法省職制及事務章程,検事章程,司法補亡権限,違式条例及違式詿違,証書人,代書人,代言人 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1365656 によって示す…

続きを読むread more

葱坊主

TBSドラマ「ハロー張りネズミ」(FILE NO.5 下赤塚ロマンス 2017年8月25日放送分)に、 葱坊主 が出てきたので、なつかしい思いがした。 子供の頃、 葱坊主 だらけの畑を見たことがある。 瑛太が、 僕の葱坊主 と言ったのには笑った。

続きを読むread more

ブラン・マンジェ

すき家のタブレットメニューに、 ブラン・マンジェ というのが出る。デザートらしいが、どんなものなのか、見当もつかない。 ブラン は 白 という意味だが、写真を見ると白くない。濃い青だ。フタを取ると白いのかもしれない。 ウィキペディアには、 ブラン・マンジェ(フランス語: blanc-manger、ブラマンジェとも)は冷菓…

続きを読むread more

八角

かっぱ寿司の幟に、 八角香る角煮入り 担々麺 とあった。 八角とは何ぞや。 大相撲の八角部屋の「八角」とは何か、など考えたこともなかった。 『日本国語大辞典』には、 ① 八つの角。また、八つの角のある形。八角形。 ② 紋所の名。白ぬきの線で八角形をかたどったもの。 ③ トウシキミの実。中国料理で香辛料にする。 ④ カ…

続きを読むread more

無絃琴

同名異書は多い。今日は、『無弦琴』という作品が複数あるのを知った。 小杉天外『無絃琴』(明治三十年) 高山樗陰『無絃琴』(明治三十五年) 村井知至『無絃琴』(大正四年) 内田百閒『無絃琴』(昭和九年) 池田草舎『無絃琴』(昭和五十年) 松原幸雄『無絃琴』(昭和六十一年) 神山徹『無絃琴』(平成二十九年)

続きを読むread more