漢を上げる

Business Journal 記事に、
"漢を上げた"中居正広
https://biz-journal.jp/2020/02/post_143272.html
とあるので驚いた。「男を上げた」ではなく、何故「漢を上げた」と書くのか。
国語辞典・漢和辞典には「漢を上げる」はナイ。悪漢・好漢・酔漢・無頼漢・暴漢・門外漢・冷血漢というのは見たことがあるが、「漢を上げる」というのは初めて見た。
ネットを見ると、「ニコニコ大百科」に、
この語を使用する場合は、生物学上の雄個体であるというような意味よりは寧ろ、勇猛さ、大胆さ、潔さ、堅い信念など、古来より男たるものが持つべきとされている美徳を備えている男前に対して贈られる称号である。
https://dic.nicovideo.jp/a/%E6%BC%A2
とあった。しかし、どのような文献に基づいて記述しているのであろうか。それが不明。同項には、
漫画において「漢」と書いて「おとこ」と読ませる例は、『魁!!男塾』(1985年- 宮下あきら作)や『花の慶次 -雲のかなたに-』(1989年- 原哲夫画)などに見られ若者に広まった。
ともあった。どうやら、漫画世代でよく使われるものらしい。私は漫画を全く見ないので知らなかった。
いつの日か、国語辞典に「漢を上げる」という表記が取り上げられるのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)